インターネットカジノは大きくお金が動く事もあるため、
日本国内での税金の徴収対象となる事があります。

これは全員に当てはまるわけではなく、
基本的には50万円以上の稼ぎが出た場合に限り、
税金が発生するようになっています。

勝った金額が50万円以下であれば申告の必要はありませんが、
ジャックポット等の当選により大当たりになって大儲けすると言った事は、
可能性としては誰でもあり得ますので、頭に入れておくようにして下さい。


インターネットカジノで掛かる税金の基本

税金

税金の種類としては、
一時所得と呼ばれるものにあたります。
1年分をまとめて支払う事になりますので、
この1年の合計額が50万円以上で
税金が掛かるようになると言う意味合いですので、この点においても注意が必要です。

もし、1ヶ月に5万円単位で
稼ぎが出ていたとしたら、
12か月で60万円となります。

少しずつ稼いでいるだけだとしても、
年間にして合計すると対象の範囲ないとなる可能性があります。
万が一に備えて、エクセルの表等に自分の収支表をまとめて置くのがベストです。
趣味として充実させる事にも繋がりますので、是非エクセルを起動してみて下さい。
負けている場合でも、どのくらい損をしているのかを把握出来るので、
経済管理をするきっかけにもなります。


税に関する注意点

注意

一時所得と言うのは、
他にもギャンブルである競馬や
パチスロ等で稼いだ金額も当てはまります。

これらを合計して年間50万円に
達するか否かで計算されますので、
複数ギャンブルをしている方は
この当たりの金銭管理をしっかり
行わなくてはなりません。

他にも保険として受け取った
金額が一時所得に加算される事もあります。
そして、何より注意したいのが収支に
捉われないと言う部分です。

ギャンブル系は負ける事で収支が
プラスマイナス0円になるような事がありますが、
所得として計算する場合には負けについては換算しない事になります。

つまり、50万円勝ったけど最終的に
収支が-70万円になったと言った場合でも課税対象になります。


申告の必要性について

税金申告
ただ、これらの税の
申告は申告漏れとなっている方も多く、
条件に当てはまるにもかかわらず
払っていない人も多く存在しています。

強制的な制度ではありませんが、
納税の義務に当てはまる事は
間違いありませんので、
申告しておくにこした事はありません。

直近の税務署でも詳しい話を聞く事が出来ますので、
まだ申告していないと言う方は是非足を運んでおいて下さい。

TOP>>インターネットカジノ