インターネットカジノには
日本のパチスロと同じように
機械割のようなものが存在します。

ただ、設定が1~6まで用意されていて、
それぞれの台で違った挙動を見せるような
システムは取り入れられていません。

カジノにおけるスロットやその他のゲームでの
システム面を通して、ペイアウト率について考えてみましょう。


ペイアウト率とは

paiout

ペイアウト率はその名の通りで、
つぎ込んだお金に対して

払い出される金額率の事を言います。

ゲームごとにその
ペイアウト率は異なりますが、
オンラインカジノの総合的な
ペイアウト率は95%以上と言われています。

べラジョンカジノエンパイアカジノなどで
大人気となっているライブバカラでは
なんと100%をこえてしまうとすら言われています。

もちろんお店であるからには、
お店側に利益が出るように
しなければならないため、
100%以上となる事はありません。

しかし、この95%と言う数字は、
他のギャンブルと比較するとかなり高い数字です。
宝くじが最も低いと言われており、50%前後となる事もあります。

その他、競馬等に代表されるスポーツ系の
ギャンブルでも80%すら行かないとさえいわれています。
唯一ペイアウト率が80%を超えるのは、
パチスロやパチンコだと言われています。
それでもカジノの95%には及びません。


日本のパチスロから考えるペイアウト率

考える
ペイアウト率については
日本のパチスロを例に挙げると、
カジノとの違いが良く分かります。

日本では機械割と言う呼ばれ方をしており、
最低設定だと90%程になる事もあれば、
110%を超えるような事もあります。

これはその時の運も左右しますが、
基本的に台の設定に左右されています。

パチスロのほとんどは最低設定だとも言われており、
95%前後の台がごろごろと転がる中で、
110%のような勝てる台がいくつか存在するのが特徴的です。

つまり、プレイする台によって勝ち負けが影響します。
一方、カジノではそのような台ごとの設定などは用意されていないため、
どの台もペイアウト率が同じになっています。

パチスロで言う所の設定1-2くらいの
台が常に置かれているような状態なのです。
こうなると店員による設定のいかさまも難しいですし、
低設定すぎて大負けをするような事も少なく済みます。

その代わり、機械割を看破して勝てる台を
探す楽しみはなくなるデメリットがあります。
しかし、安定した賭けを楽しみたい人には非常に
最適なギャンブルと言えます。

基本的に安定している上、ジャックポット等の大当たりや
キャンペーン・イベントでの報酬も含むため、
総合的な還元率はかなり高いと言われています。


インターネットカジノ