海外インターネットカジノはこれまで、
法的な矛盾を突いた所謂社会的グレーゾーンとして日本でも利用者がそれなり居ましたが、
2016年3月には海外インターネットカジノ利用者から初の逮捕者が出ており、
これまでインターネットカジノの仲介として決済処理サービスを提供していたNETTELLER、
Skrillにおいてもギャンブル目的の入出金が停止される旨が通告され、
日本におけるインターネットカジノ利用のこれからは中々厳しい状況にあると言わざる負えません。

 東京五輪に向けた統合型リゾート整備推進法案など、
日本における賭博の扱いとして肯定的な流れも有りますが、
今現在法的にインターネットカジノがどう扱われて行くかが不透明な中で、
「興味が有るから」適度の気持ちでインターネットカジノに手を出すの
は中々リスクのある選択でしょうし、現行の入出金サービスの代替となるものの情報が少なく、
環境的にもあまり整っているとは言えない中で、これから始める人がストレスやトラブル無く
インターネットカジノを始められるかと云うと少々難しいものが有るのが現状です。

 これらの事を踏まえると、日本におけるインターネットカジノ利用については情報が
出揃うまで現状様子見が賢い選択かもしれません。興味が有るにしても、
素直に海外に遊びに行った時に手を出すくらいが丁度良いでしょう。
日本でインターネットカジノを利用するのは、それこそ自己責任という事になります。